■■■■■BOOGIE★WOOGIE今後の公演■■■■■

しばらくお待ちください

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

2014年05月31日

大千穐楽

image.jpeg


5月いっぱいをつかった『かもめ』、『楽屋』連続上演企画、いよいよ本日をもって大千穐楽をむかえる事が出来ました。


演出家というのは嫌な仕事です。


一所懸命生きようとしている役者達をあの手この手で更に更に追い詰めて、熱量を引き出します。


image.jpeg


僕、結構追い詰めるタイプなので、みんな板に上がる恐怖に吐きそうになり、毎日震えながらお芝居します。


何でこんな苦労があるのか。


全ては次に出会う作品への蓄積、反吐が出る様な。


image.jpeg


この一本道からドロップアウトしない限り、永遠に無限地獄は続きます。


次の作品に何かがあるかもしれない。そう思いながら板を渡り歩きます。


image.jpeg



それが僕の思う『演劇という生き方』です。


面白き  こともなき世を  面白く



最後に、劇場に足をお運びの皆様、心から、心から、ありがとうございました。

次は夏、また劇場でお会い出来るのを楽しみにしております。


image.jpeg


image.jpeg



posted by 小川信太郎 at 08:59| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月26日

休演日。

今日は休演日★

都立桜町高校の演劇部で講師をダッシュ

リフレッシュっす。


image.jpeg

posted by 小川信太郎 at 17:17| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月25日

『楽屋』、明日は休演日。

『楽屋』、好評で何よりです★

『演劇という生き方』なんつう分不相応で大層なものを掲げて一ヶ月ゴリゴリやってきましたが、ただただ、僕の大口に賛同してくれた20人以上の役者の皆様、スタッフの皆様、御客様に感謝感謝です。

この灯を消さぬよう、絶やさぬよう、残りの楽屋6公演、やってゆきます。

大切に大切に、言の葉を紡いでゆきますので、どうぞどうぞよろしくお願い致します。


演劇界が、もっともっと良くなりますように。


SAMELINE-PROJECT



『楽屋』


作:清水邦夫

演出:小川信太郎


劇作家・清水邦夫は、1960年代〜70年代、その闊達な筆致で、当時の若者たちを熱狂させてきた現代を代表する劇作家です。

楽屋は、77年に発表された4人の女優たちを主人公にした作品で、小劇場的な親密な空気を漂わせた作品ですが、4人の女優たちの舞台裏での生々しい応酬やモノローグで全編を貫かれた、魅力あふれる人間たちの物語です。


★日程★

5月

27日  19時ガーネット

28日  19時サファイア

29日  〜休演日〜

30日  14時ガーネット  19時サファイア

31日  13時サファイア  17時ガーネット


★CAST★

ガーネット〜生命力〜

女優A  橘未佐子

女優B  山崎るみ

女優C  上田郁代

女優D  熊本野映


サファイア〜高潔〜

女優A  千葉ミハル

女優B  北川千晴

女優C  上田郁代

女優D  三田寺理紗



チケット料金→4000円

 楽屋*かもめ 通し券6000円

               (それぞれ一回ずつ観劇可)     フリーパス券  8000円

               (両公演何度でも観劇可)


かもめと楽屋チケットフォーム


https://ssl.form-mailer.jp/fms/5ff6c465243614


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg



image.jpeg

posted by 小川信太郎 at 22:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

かもめ→楽屋

5月一ヶ月をかけた『かもめ』→『楽屋』連続公演もいよいよ大詰め、『楽屋』を残すのみとなりました。

3回目の『楽屋』演出、新鮮な気持ちで挑んでます★

演劇界の金字塔、チェーホフ→清水邦夫と受け継がれてきたこの素晴らしき演劇的歴史。

愛おしい女優達の涙と汗の結晶を、一粒残らず吸い上げて、作品にします。


間も無く開幕です。





SAMELINE-PROJECT



『楽屋』


作:清水邦夫

演出:小川信太郎


劇作家・清水邦夫は、1960年代〜70年代、その闊達な筆致で、当時の若者たちを熱狂させてきた現代を代表する劇作家です。

楽屋は、77年に発表された4人の女優たちを主人公にした作品で、小劇場的な親密な空気を漂わせた作品ですが、4人の女優たちの舞台裏での生々しい応酬やモノローグで全編を貫かれた、魅力あふれる人間たちの物語です。


★日程★

5月


24日  13時ガーネット  17時サファイア

25日  13時サファイア  17時ガーネット26日  〜休演日〜   

27日  19時ガーネット

28日  19時サファイア

29日  〜休演日〜

30日  14時ガーネット  19時サファイア

31日  13時サファイア  17時ガーネット


★CAST★

ガーネット〜生命力〜

女優A  橘未佐子

女優B  山崎るみ

女優C  上田郁代

女優D  熊本野映


サファイア〜高潔〜

女優A  千葉ミハル

女優B  北川千晴

女優C  上田郁代

女優D  三田寺理紗



チケット料金→4000円

 楽屋*かもめ 通し券6000円

               (それぞれ一回ずつ観劇可)     フリーパス券  8000円

               (両公演何度でも観劇可)


かもめと楽屋チケットフォーム


https://ssl.form-mailer.jp/fms/5ff6c465243614


image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg

image.jpeg
posted by 小川信太郎 at 23:58| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月15日

かもめラスト2日。

かもめ、いよいよ折り返して残り2日。

色々ありましたが『演劇という生き方。』を選んで良かったです。


〜眼の前にはいつも、なんにもない。

ただ前に向かって身心をぶつけて挑む、瞬間、瞬間があるだけ。〜


岡本太郎


小難しい話は置いといて、残り2日を慈しみながら戦います。

客席へ熱量が届きますように。

そして『楽屋』へバトンタッチです。

今月いっぱい、日の光を浴びずに地下で生きます(笑)。

ああ!何て素敵な人生!!!


SAMELINE-PROJECT


『かもめ』


作:アントン・チェーホフ

演出:小川信太郎


日本の近代演劇の現代に至るまで、私たちを魅了し大きな影響を与え続けてきたロシアの劇作家チェーホフ。日本では、20世紀初頭から繰り返し上演され、まるで教科書のように手本とされながら、今なお新鮮な問題提起をしてくれる劇界です。もちろん、日本のみならず、世界の現代演劇の礎とも言えるほど、その影響は計りしれず、特に、彼の晩年期に書かれた「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「櫻の園」は、チェーホフ四大戯曲として長く親しまれてきました。


★日程★

5月15日  14時オパール   19時トパーズ

       16日  14時トパーズ   19時オパール


★CAST ★

オパール〜創造〜

トレープレフ  仲村大輔

トリゴーリン  大坪貴史

ゾーリン  小濱光洋

シャムラーエフ  藤田勇人

メドヴェージェンコ  ぜん

ドールン  河本龍馬

イリーナ  本倉さつき

ニーナ  川手ふきの

ポリーナ  井上晴賀

マーシャ  村松みさき


トパーズ〜希望〜

トレープレフ  新里哲太郎

トリゴーリン  山口篤司

ゾーリン  江利智広

シャムラーエフ  藤田勇人

メドヴェージェンコ  ぜん

ドールン  阿部岳明

イリーナ  本倉さつき

ニーナ  山本萌花

ポリーナ  なかがわあつこ

マーシャ  千葉ミハル




『楽屋』


作:清水邦夫

演出:小川信太郎


劇作家・清水邦夫は、1960年代〜70年代、その闊達な筆致で、当時の若者たちを熱狂させてきた現代を代表する劇作家です。

楽屋は、77年に発表された4人の女優たちを主人公にした作品で、小劇場的な親密な空気を漂わせた作品ですが、4人の女優たちの舞台裏での生々しい応酬やモノローグで全編を貫かれた、魅力あふれる人間たちの物語です。


★日程★

5月


24日  13時ガーネット  17時サファイア

25日  13時サファイア  17時ガーネット26日  〜休演日〜   

27日  19時ガーネット

28日  19時サファイア

29日  〜休演日〜

30日  14時ガーネット  19時サファイア

31日  13時サファイア  17時ガーネット


★CAST★

ガーネット〜生命力〜

女優A  橘未佐子

女優B  山崎るみ

女優C  上田郁代

女優D  熊本野映


サファイア〜高潔〜

女優A  千葉ミハル

女優B  北川千晴

女優C  上田郁代

女優D  三田寺理紗



チケット料金→4000円

 楽屋*かもめ 通し券6000円

               (それぞれ一回ずつ観劇可)     フリーパス券  8000円

               (両公演何度でも観劇可)


かもめと楽屋チケットフォーム


https://ssl.form-mailer.jp/fms/5ff6c465243614


image.jpeg



image.jpeg


image.jpeg



image.jpeg



image.jpeg


posted by 小川信太郎 at 00:21| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

かもめ初日。

『かもめ』、評判の良い走りだし、何よりですきらきら

観に来てた10代の女の子五人組が観劇後に『難しいけど凄いね!楽屋も観たいね!』と話していたのを聞いて微笑ましい気持ちになりました。

2日目、行って来ますにこにこ手(チョキ)


SAMELINE-PROJECT


『かもめ』


作:アントン・チェーホフ

演出:小川信太郎


日本の近代演劇の現代に至るまで、私たちを魅了し大きな影響を与え続けてきたロシアの劇作家チェーホフ。日本では、20世紀初頭から繰り返し上演され、まるで教科書のように手本とされながら、今なお新鮮な問題提起をしてくれる劇界です。もちろん、日本のみならず、世界の現代演劇の礎とも言えるほど、その影響は計りしれず、特に、彼の晩年期に書かれた「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「櫻の園」は、チェーホフ四大戯曲として長く親しまれてきました。


★日程★

5月10日  13時オパール  17時トパーズ

      11日  13時トパーズ  17時オパール

      12日  19時オパール

      13日 〜 休演日〜

      14日  19時トパーズ

      15日  14時オパール   19時トパーズ

      16日  14時トパーズ   19時オパール


★CAST ★

オパール〜創造〜

トレープレフ  仲村大輔

トリゴーリン  大坪貴史

ゾーリン  小濱光洋

シャムラーエフ  藤田勇人

メドヴェージェンコ  ぜん

ドールン  河本龍馬

イリーナ  本倉さつき

ニーナ  川手ふきの

ポリーナ  井上晴賀

マーシャ  村松みさき


トパーズ〜希望〜

トレープレフ  仲村大輔

                      (14日より新里哲太郎)

トリゴーリン  大坪貴史

                      (14日より山口篤司)

ゾーリン  江利智広

シャムラーエフ  藤田勇人

メドヴェージェンコ  ぜん

ドールン  阿部岳明

イリーナ  本倉さつき

ニーナ  山本萌花

ポリーナ  なかがわあつこ

マーシャ  千葉ミハル




『楽屋』


作:清水邦夫

演出:小川信太郎


劇作家・清水邦夫は、1960年代〜70年代、その闊達な筆致で、当時の若者たちを熱狂させてきた現代を代表する劇作家です。

楽屋は、77年に発表された4人の女優たちを主人公にした作品で、小劇場的な親密な空気を漂わせた作品ですが、4人の女優たちの舞台裏での生々しい応酬やモノローグで全編を貫かれた、魅力あふれる人間たちの物語です。


★日程★

5月


24日  13時ガーネット  17時サファイア

25日  13時サファイア  17時ガーネット26日  〜休演日〜   

27日  19時ガーネット

28日  19時サファイア

29日  〜休演日〜

30日  14時ガーネット  19時サファイア

31日  13時サファイア  17時ガーネット


★CAST★

ガーネット〜生命力〜

女優A  橘未佐子

女優B  山崎るみ

女優C  上田郁代

女優D  熊本野映


サファイア〜高潔〜

女優A  千葉ミハル

女優B  北川千晴

女優C  上田郁代

女優D  三田寺理紗



チケット料金→4000円

                 楽屋*かもめ 通し券6000円

               (それぞれ一回ずつ観劇可) 

                 フリーパス券  8000円

               (両公演何度でも観劇可)


image.jpeg


image.jpeg

posted by 小川信太郎 at 09:06| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月07日

かもめ。

五月二本立て公演一発目『かもめ』。読めば読むほど、稽古すればするほど、深く深く響く作品です。

当たり前の事ですが、台詞の行間のそこかしこに詰まっている無限に広がる情報をさらい出す稽古。

お芝居の神様に色んなものを捧げながら、演劇という生き方を模索しています。

『かもめ』と『楽屋』。

自分らしくなんて薄っぺらいチープなものでなく、演劇人らしく挑みたいと思います。

心して観て下さい。


SAMELINE-PROJECT


『かもめ』


作:アントン・チェーホフ

演出:小川信太郎


日本の近代演劇の現代に至るまで、私たちを魅了し大きな影響を与え続けてきたロシアの劇作家チェーホフ。日本では、20世紀初頭から繰り返し上演され、まるで教科書のように手本とされながら、今なお新鮮な問題提起をしてくれる劇界です。もちろん、日本のみならず、世界の現代演劇の礎とも言えるほど、その影響は計りしれず、特に、彼の晩年期に書かれた「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「櫻の園」は、チェーホフ四大戯曲として長く親しまれてきました。


★日程★

5月10日  13時オパール  17時トパーズ

      11日  13時トパーズ  17時オパール

      12日  19時オパール

      13日 〜 休演日〜

      14日  19時トパーズ

      15日  14時オパール   19時トパーズ

      16日  14時トパーズ   19時オパール


★CAST ★

オパール〜創造〜

トレープレフ  仲村大輔

トリゴーリン  大坪貴史

ゾーリン  小濱光洋

シャムラーエフ  藤田勇人

メドヴェージェンコ  ぜん

ドールン  河本龍馬

イリーナ  本倉さつき

ニーナ  川手ふきの

ポリーナ  井上晴賀

マーシャ  村松みさき


トパーズ〜希望〜

トレープレフ  新里哲太郎

トリゴーリン  山口篤司

ゾーリン  江利智広

シャムラーエフ  藤田勇人

メドヴェージェンコ  ぜん

ドールン  阿部岳明

イリーナ  本倉さつき

ニーナ  山本萌花

ポリーナ  なかがわあつこ

マーシャ  千葉ミハル




『楽屋』


作:清水邦夫

演出:小川信太郎


劇作家・清水邦夫は、1960年代〜70年代、その闊達な筆致で、当時の若者たちを熱狂させてきた現代を代表する劇作家です。

楽屋は、77年に発表された4人の女優たちを主人公にした作品で、小劇場的な親密な空気を漂わせた作品ですが、4人の女優たちの舞台裏での生々しい応酬やモノローグで全編を貫かれた、魅力あふれる人間たちの物語です。


★日程★

5月


24日  13時ガーネット  17時サファイア

25日  13時サファイア  17時ガーネット26日  〜休演日〜   

27日  19時ガーネット

28日  19時サファイア

29日  〜休演日〜

30日  14時ガーネット  19時サファイア

31日  13時サファイア  17時ガーネット


★CAST★

ガーネット〜生命力〜

女優A  橘未佐子

女優B  山崎るみ

女優C  上田郁代

女優D  熊本野映


サファイア〜高潔〜

女優A  千葉ミハル

女優B  北川千晴

女優C  上田郁代

女優D  三田寺理紗



チケット料金→4000円

 楽屋*かもめ 通し券6000円

               (それぞれ一回ずつ観劇可)     フリーパス券  8000円

               (両公演何度でも観劇可)


かもめと楽屋チケットフォーム


https://ssl.form-mailer.jp/fms/5ff6c465243614



image.jpeg

image.jpeg


posted by 小川信太郎 at 00:12| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月03日

かもめと楽屋


image.jpeg


image.jpeg


image.jpeg

始まりました、かもめ&楽屋二本立て公演稽古!

さすがのメンバーによる本読み、プライドと熱量が渦巻いてて、ひりつく良い感じです(笑)。

かもめって、チェーホフさんの戯曲で、一般の方には正直、初見で面白いと思える作品ではないのかもしれないんです。

アンチクライマックス技法って言って、チェーホフさんの作品の特徴として、善人も出てこない、かと言って悪人も出てこない、事件も起こらない、日常の生活の中にある人間模様を赤裸々に描くっていう感じなんです。

でも、読めば読む程濃密な戯曲だし、こんな戯曲を一般の方に楽しんでもらう事こそ、僕ら演劇人の務めだと思うんです。

前回のシェークスピアさんは400年間でしたが、今回のチェーホフさんは百年くらい前の作品です。

こんなに長い間愛され、受け継がれている理由を、是非、僕の演出で感じて下さい。


NO ACT NO LIFE.


SAMELINE-PROJECT


『かもめ』


作:アントン・チェーホフ

演出:小川信太郎


日本の近代演劇の現代に至るまで、私たちを魅了し大きな影響を与え続けてきたロシアの劇作家チェーホフ。日本では、20世紀初頭から繰り返し上演され、まるで教科書のように手本とされながら、今なお新鮮な問題提起をしてくれる劇界です。もちろん、日本のみならず、世界の現代演劇の礎とも言えるほど、その影響は計りしれず、特に、彼の晩年期に書かれた「かもめ」「ワーニャ伯父さん」「三人姉妹」「櫻の園」は、チェーホフ四大戯曲として長く親しまれてきました。


★日程★

5月10日  13時オパール  17時トパーズ

      11日  13時トパーズ  17時オパール

      12日  19時オパール

      13日 〜 休演日〜

      14日  19時トパーズ

      15日  14時オパール   19時トパーズ

      16日  14時トパーズ   19時オパール


★CAST ★

オパール〜創造〜

トレープレフ  仲村大輔

トリゴーリン  大坪貴史

ゾーリン  小濱光洋

シャムラーエフ  藤田勇人

メドヴェージェンコ  ぜん

ドールン  河本龍馬

イリーナ  本倉さつき

ニーナ  川手ふきの

ポリーナ  井上晴賀

マーシャ  村松みさき


トパーズ〜希望〜

トレープレフ  新里哲太郎

トリゴーリン  山口篤司

ゾーリン  江利智広

シャムラーエフ  藤田勇人

メドヴェージェンコ  ぜん

ドールン  阿部岳明

イリーナ  本倉さつき

ニーナ  山本萌花

ポリーナ  なかがわあつこ

マーシャ  千葉ミハル




『楽屋』


作:清水邦夫

演出:小川信太郎


劇作家・清水邦夫は、1960年代〜70年代、その闊達な筆致で、当時の若者たちを熱狂させてきた現代を代表する劇作家です。

楽屋は、77年に発表された4人の女優たちを主人公にした作品で、小劇場的な親密な空気を漂わせた作品ですが、4人の女優たちの舞台裏での生々しい応酬やモノローグで全編を貫かれた、魅力あふれる人間たちの物語です。


★日程★

5月


24日  13時ガーネット  17時サファイア

25日  13時サファイア  17時ガーネット26日  〜休演日〜   

27日  19時ガーネット

28日  19時サファイア

29日  〜休演日〜

30日  14時ガーネット  19時サファイア

31日  13時サファイア  17時ガーネット


★CAST★

ガーネット〜生命力〜

女優A  橘未佐子

女優B  山崎るみ

女優C  上田郁代

女優D  熊本野映


サファイア〜高潔〜

女優A  千葉ミハル

女優B  北川千晴

女優C  上田郁代

女優D  三田寺理紗



チケット料金→4000円

                 楽屋*かもめ 通し券6000円

               (それぞれ一回ずつ観劇可) 

                 フリーパス券  8000円

               (両公演何度でも観劇可)


かもめと楽屋チケットフォーム


https://ssl.form-mailer.jp/fms/5ff6c465243614


posted by 小川信太郎 at 00:38| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。